FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kitaosakashibu.blog.fc2.com/tb.php/21-2aa7a539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

学術講演会

学術講演会


3月2日、豊中市すこやかプラザにて
北大阪支部学術講演会が開催されました。
参加者は97名。

今回の講演の内容は「総義歯」


まず最初の講師は
豊中市歯科医師会 吉備政仁先生

講演内容の概要は

・良い義歯は必要、そして患者の機能向上も必要
 
例えるなら、良い自転車を与えられても、その自転車を乗りこなせなければ意味がない。
義歯を使えこなせるように患者を指導していくのも歯科医師の役目ということを強調していました。


二人目の講師は
日技生涯研修認定講師 戸田篤先生

戸田先生は昨年の北大阪支部学術講演会に続いて二回目の講義。

戸田先生は前回、先生の師匠である故河邊清治先生の名言
「総義歯は粘膜の海に浮かぶ船である」という印象的な言葉を紹介されていました。

今回も日頃の臨床事例を紹介しながら、随所の総義歯の真髄に迫る言葉を語っていました。

当ブログ管理人の私は日頃、総義歯はやっていないのですが、今回戸田先生の言葉でハッとさせられたのは

『上顎はまな板、下顎は包丁』

改めて文章にすると咬合の基本中の基本なのですが、大切な基礎として覚えておきたい言葉です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kitaosakashibu.blog.fc2.com/tb.php/21-2aa7a539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。